介護事業を起ち上げる方法

介護士

ロイヤリティが固定制

これから独立開業するジャンルとして将来性が有望なのは介護サービスです。高齢化社会がますます進んでいくので、介護事業は今よりも必要とされていきます。介護事業を起ち上げる時に自分で何もかもやるとなると、かなりの費用やノウハウ、経営能力が必要になります。そのような時に利用すると便利なのが介護フランチャイズです。介護フランチャイズの世界で注目されているのが樹楽です。樹楽は元々はマンガ喫茶やインターネットカフェを運営していた会社ですが、介護フランチャイズにも事業を広げています。マンガ喫茶やインターネットカフェで蓄えたお客様サービスの経営ノウハウを介護フランチャイズにも取り入れています。樹楽の特徴はロイヤリティが固定制になっていることです。一般的なフランチャイズは売上げに応じてロイヤリティが増えていくのですが、固定制なので経費を抑えられるメリットがあります。一律で10万5千円なので、非常に安いと評判が良いのです。口コミなどでも、この点についての評価が高くなっています。また実際に樹楽フランチャイズに加盟したあとのサポート体制が充実しているという、評価も多くなっています。開業に必要な資金ですが、700万円あれば独立開業が可能です。加盟条件は20歳以上の個人や法人なら誰でも樹楽のフランチャイズで介護事業を起ち上げることができます。開業までの目安はおよそ1年間で、その間に運営に必要なノウハウを蓄えることができます。