なぜ必要なのかを考える

タブレット

導入費用と目的のバランス

posは、一般的な金銭登録機であるレジスターと違い、店舗運営や顧客サービスを効率的に行うことができる機能を備えています。したがって、どのような目的でposを導入するのかを明確にすることが大切です。つまり、posシステムそのものに意味があれば、たいていの人に操作が可能です。システム自体に意味がなければ、機器がどんなに整っていても機能を発揮できません。したがって、導入目的や周辺機器の内容には、稼働後イメージを十分に考慮する必要があります。posの機能は、大きく分けて3点あります。1点目は、商品を販売するための入金業務です。今は、現金以外の取引が増えていますので、間違いなくスムーズに会計処理することが大切です。2点目は、在庫の把握や発注業務を行うための商品管理業務です。3点目は、店舗運営のサポートとして、従業員の勤惰管理やお客様の予約管理を行う機能になります。pos導入の最大のメリットと魅力は、充実した売上データを分析機能にあります。従来は、ある程度の専門知識が必要とした、ABC分析や在庫分析や商品回転率も簡単な操作で目に見える形で表示されます。これによって、新商品の投入や不良在庫の判断が迅速に行うことができます。また、店舗運営に係わる部分として、閉店後の売上締め処理の時間短縮や入金の誤操作や不正防止にも効果が期待できます。これにより、pos導入後には、人件費の削減を図ることが可能になります。